お金の借り方いろいろ:使用目的と金額

お金の借り方いろいろ:使用目的と金額

収入が少なく、給料前にお金を借りるのもしょっちゅうという人もいれば、冠婚葬祭や急な出張で急遽、数万円必要になる場合もあります。

 

50万円〜100万円クラスの借金をしようと思ってもたとえ家族や親戚でも借りるのは難しいですが、1万円以下なら身内や友人から「すぐ返すから」と借りる人もいるのではないのでしょうか。

 

銀行でも消費者金融でも、金融業社からお金を借りれば利息を取られます。知り合いから無利息で借りられればそれでいいのですが、お金のこととなると家族であっても後でトラブルになることもあります。

 

負い目も感じず、自分の甲斐性で借りて返済もする、そんな方法が、消費者金融や銀行カードローンです。金額はいくらか、使用目的、いつまでに返せるかによって借金の方法は違ってきます。

 

【目的をはっきりさせよう】

 

どの業者から借りたいかと迷う前に、まず自分が必要な金額はいくらか、何に使うためかはっきりさせておきましょう。1万円必要な場合と100万円必要な場合では、どこの融資を利用するか違ってきますし、不必要にたくさん借りてはいけません。

 

【何に使うために借りるのか】

 

使用目的は、生活費や冠婚葬祭、ギャンブルなどいろいろでしょうが、家や車のように専用ローンがある場合は消費者金融で借りるより、銀行や農協などの融資を利用するのが良いでしょう。

 

事業の資金であれば、銀行や日本政策金融公庫の融資を受けるのが断然良いと思います。消費者金融よりも圧倒的に金利が低いです。
なお、キャッシングやカードローンは事業資金での利用は禁止されています。

 

生活費や遊びのお金ということであれば、消費者金融か銀行カードローンが審査も通りやすく、手軽で良いと思います。しかし失業などで本当に生活に困った状態からの借金であれば国からの融資も受けられる可能性があります。

 

【金額はいくら必要か】

 

次の給料日までに数万円だけ借りたいという人は結構いると思います。数万円程度なら銀行でも消費者金融でも金利もあまり変わりませんが、銀行カードローンは最低限度額が10万円からのことが多いです。なお三菱東京UFJ銀行では1000円から借りられます。
また無利息期間のある消費者金融もあります。

 

50万円以上必要なときは、銀行カードローンが良いと思います。
消費者金融は初回の借入限度額が30万円までのことが多いです。銀行カードローンは、初回から限度額が100万円以上になることもあり、銀行は総量規制の対象外ですから年収の1/3を超えて借りられます。三菱東京UFJ銀行やじぶん銀行など、金利がやや低いところもあります。

 

【国の融資を利用する】

 

失業などで本当に生活に困った状態からの借金であれば、国からの融資も受けられる可能性があります。生活保護も選択の一つではありますが、母子家庭や年金生活者でも利用できる制度があります。

 

返済の必要がない給付タイプと、きちんと返さなくてはいけない貸付タイプがあり、貸付タイプでも他より圧倒的に金利は低いです。
ただし、延滞すれば延滞金が発生し、きっちり取り立てが行われます。

 

本当に困っている状況なら、救済を目的とした国の融資は大変に便利です。他より先に検討する価値はあると思います。

 

お金借りたい